お問い合わせ

29.介護施設の種類

介護施設と聞いて皆さん、どのような施設を思い浮かべるでしょうか。現在介護施設は星の数ほど存在しています。その中の一部ですが紹介したいと思います。介護施設は・特別養護老人ホーム(特養)・老人保健施設(老健)・デイサービス・グループホーム・ショートステイ・有料老人ホーム等いくつもの種類があります。身体介助や生活介助は共通ですが、その他様々な各施設の特色が各施設にはあります。

社会福祉法人や医療法人などの公的な介護施設が特養と老健です。比較的安価で介護サービスを受けることが出来ますが、安価な為待ちの人数も多いのが現状です。特養は終身利用が可能ですが、老健ではリハビリでADLの向上が目的の為、終身利用をすることがほとんど出来ないのが特徴です。

デイサービスは日中の余暇や機能向上のために利用する通所介護施設です。グループホームは主に認知症の高齢者を対象とした介護施設でこちらは終身利用が可能な施設となっています。最近多くなってきているのが有料老人ホーム。簡単に言うと介護付きの高齢者住宅です。月額使用料を支払い、必要であれば別途介護サービスを受けられます。(有料老人ホームは種類が更に分かれており、システムも違う内容であったりします)介護職員が在中する為、見守りもしっかりとしています。

このように介護施設という括りだけでもまだまだ沢山の施設があります。施設によって働くスタイルも全く違ってくるので自分が働く際はどのような仕事を向いているのかを調べて応募すると良いでしょう。